不倫しそう?既婚者と不倫する前に注意すべき3つのポイントとは?

不倫にはトラブルがつきものと言われていますが、トラブルが起こらないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。
今回はトラブルを起こさない為にも、不倫をする際に気をつけておきたい大切なポイントを3個紹介したいと思います。

 

 

不倫相手との温度差がないようにする

不倫でトラブルを起こす大きな原因は、不倫相手との温度差がありすぎる場合が多いです。

 

不倫という秘密を共有している二人に温度差があると、必ずどちらかが暴走して不倫がバレてしまったり、破局する事になってしまうのです。

 

一番多い例は、男性は遊びのつもりだったのに、女性が本気になりすぎて不倫に不満を持つパターン等が挙げられます。

 

不倫をしている二人の気持ちが異なると、上手に秘密を共有する事は出来ないので、不倫をしている間はお互いに同じ温度を保つようにする事と、嘘を並べるような事はしない事です。

 

離婚するつもりはないのに離婚するつもりだと言ったり、離婚出来ない事情がある等と調子の良い事を言って誤魔化したりしないようにしましょう。

 

 

二人のルールは必ず守る

不倫が上手くいかなくなる原因として、二人のルールを守らなくなったという事があります。

 

不倫をするカップルの場合、紙には書かなくても二人のルールは自然に決められる事が多く、守るのもお互いに暗黙の了解になるものです。

 

しかし不倫関係が長くなる事で、どちらかがそのルールに息苦しさを感じたり不満を感じてルールを守らなくなってしまうのです。
ルールを破る事で二人のバランスが崩れてしまう事は言うまでもありません。

 

不倫はお互いがルールを守る事でやっと成り立っていられるくらいのアンバランスな関係です。
どちらか一方の我が儘や自己中な考えでルールを守らなくなってしまったら、訪れるのはトラブルのみだと言う事を理解しましょう。

 

 

不倫していると誰かに言ってはいけない

不倫をしているという事はあくまでも二人の秘密です。
バレてはいけないのは相手の奥さんだけでなく、本来ならば二人以外の誰にもバレてはいけないのです。

 

しかし女性の場合は仲の良い友人に不倫の事実を話してしまったりと、相手の奥さんの関係者以外にはオープンに不倫の事実を公開してしまう事が多いのです。

 

不倫とはいえ恋バナ、誰かに話したい気持ちは分かりますが、不倫バレする可能性が高くなる為危険な事なのです。

 

不倫は誰にも話してはいけない秘密だという事を理解し、周りに公に出来ないから不倫なのだという事を忘れないようにしましょう。内緒話が噂になる事はよくある事で、誰もが口が堅いと思ったら大間違いなのです。

 

 

 

おわりに

いかがでしょうか。
不倫をする際には最低限この3個のポイントは守るようにしましょう。

 

 

関連記事