不倫と浮気は違う?心と体の関係は?

恋愛に付き物の「浮気」や「不倫」。
女子会などでも話題に上ることがあるのではないでしょうか。
しかし実際に「浮気」と「不倫」、どう違うのかご存知ですか?
今回はその違いについてまとめました。

 

 

浮気と不倫の違い

「不倫している」というと、なんだか重大事件のようです。
しかし「浮気した」というと、そうでもない印象がありませんか?
この二つは、どんな違いがあるのでしょうか。

 

一般的な意見をざっくりまとめてみます。
・「浮気」は、パートナーが別の人と関係を持つこと。
・「不倫」は、既婚者が配偶者以外の人と関係を持つこと。
このように捉えている人が多いようです。
実際には「どこからが浮気」で、「どこからが不倫」。
そういう区別はあまり見受けられないんですね。

 

ただ、婚姻関係は法律で守られています。
つまり浮気に賠償責任が伴うということ。
それで「不倫」は重い印象があるのかもしれません。

 

 

浮気・不倫のボーダーライン

しかし、「単なる遊び」と「浮気・不倫」のボーダーラインはあるようです。
そのボーダーラインは男女で違ってきます。

 

男性は「肉体関係」を浮気とし、女性は「好きになったら」浮気と考えるのです。
言い換えれば、女性はプラトニックでもときめくことができる。
男性は肉体関係がなければそれほど深く考えていない。
そういうことなのかもしれません。

 

気になるのが、「デートしただけで不倫?」ということ。
女性の理論で言えば、お互いに好きなら不倫。
男性の理論で言えば、肉体関係がないから不倫じゃない。

 

では「キス」や「ハグ」はどうでしょうか?
女性はもちろん不倫と考えるでしょう。
しかし男性は、まだ不倫と考える人はそれほど多くありません。
これだけ男女の間に差があると、夫婦喧嘩になるのもわかりますね。

 

 

プラトニックでも不倫?

一般的に「不倫」とされるのは「配偶者以外と関係を持つこと」です。
しかし最近では、別な意見も浮上してきました。
肉体関係のない、いわゆる「プラトニック不倫」。
これに、賠償命令が下されたのです。

 

この判決は、不倫相手の女性が、肉体関係を断固拒否していたにも関わらず下されました。
理由は「既婚男性とデートを重ね、妻を精神的に苦しめた」から。
要するに、男性が不倫しようと一生懸命になりすぎて、妻を蔑ろにしたというのです。

 

肉体関係を拒否していても「不倫」と言われることもある。
一応頭に入れておく方が良いかもしれませんね。

 

 

まとめ

以上をまとめてみましょう。

 

①浮気と不倫の違いは「婚姻関係の有無」
②そのボーダーラインは男女で異なる
③男性に気を持たせるような行動は「有罪」になり得る

 

いかがですか?
リスクを考えたら、既婚者とは「ほどほど」のお付き合いが良いかもしれませんね。

 

 

 

関連記事