Facebook(フェイスブック)は不倫の温床?キッカケは?

Facebook(フェイスブック)を使った交流はとても楽しい事ですよね。
Facebookをきっかけに懐かしい友人や昔好きだった人との再会を果たす事も多く、Facebookから始まる不倫も増えているのです。
今回はそんなFacebookから始まる不倫のキッカケと注意点について紹介していきたいと思います。

 

 

キッカケはフェイスブックの登録と共に突然訪れる

Facebook(フェイスブック)を始めようと思った人で、最初から不倫相手探しをしている人は殆どいません。

 

決して出会い系サイトのような意味で利用しようとは思って始めるわけではなく、純粋に同級生や昔の友達と交流したいという思いから始める人ばかりです。

 

そんな純粋な気持ちでFacebookを始めた人が何故不倫に発展するようなキッカケがあるのか、それはFacebookに登録したと同時に突然訪れるキッカケが理由です。

 

Facebookに登録し、自分の情報を入力する事で、出身の学校や年齢が同じ人がずらりと表示され「もしかしたら友達かも?」と紹介されるのですが、勿論仲良しだった同級生もいれば、同級生だけど話しもした事がなかったような人も表示される為、そこから友達申請する事が可能なのです。

 

つまり、仲良しだった同級生と交流しようとFacebookを始めた人の目に、連絡先もしらなかった昔憧れていた先輩の名前や、ずっと片思いをしてた同級生の名前を発見してしまうのです。

 

当時は勇気がなくて連絡先を聞けなかった相手でも、ボタン一つで友達申請が出来るし、相手が友達として許可をしてくれれば「私の事覚えていてくれたんだ」なんてこの時点で胸がときめいてしまっているのです。

 

 

昔とは違う自分、既婚者という実感の無さ

過去に恋い焦がれた相手との再会、Facebook(フェイスブック)の近況をお互いに見て、コメントをしあう所から始まります。

 

顔写真等も大半が公開している事もあり、変わらない姿を見て親近感を覚える事もあれば、昔よりぐっと素敵になって更に魅力的に感じる事もあります。

 

昔はそんなにイケてなかった女性が美しくなり、当時は相手にしてくれなかったイケメンからアプローチされる、なんて事も多いようです。
昔より年齢を重ねた事でお互いに積極的になれてしまう事から、段々とメッセージのやり取りをするようになり、連絡を取り合うようになるのです。

 

連絡を取り合うようになれば、すぐに会おうという展開へ。昔の友人に会いにいくのではなく、この時には完全に男女の密会になっているはずです。

 

不倫という危ない橋を渡りやすいのも、Facebookの中では既婚者という実感が湧かない事や、相手の結婚相手について詳しく知らない事等が理由です。

 

 

フェイスブックから始まる不倫の注意点

Facebook(フェイスブック)から始まる不倫の場合、一番に注意しなければならないのが始まりでもあるFacebookの存在です。

 

出会いを与えてくれた場所と考えているだけではとても危険です。

 

Facebookは一般に公開するサービスですから、不倫の場合注意しなければならないのが既婚者側に不倫ばれしてしまう事です。

 

奥さんがFacebookをしていないから大丈夫、なんて安心しては危険です。
インターネット上に公開した情報はいつ誰が見ているかわかりませんので、不倫を匂わすようなコメントをしたり、頻繁にコメントを残す等は絶対にしないようにしましょう。

 

もしも既婚者側に不倫相手を疑われてしまったら、簡単に足がついてしまうのもFacebookの怖さなのです。不倫関係になってしまったらFacebookでの交流は持たないようにするの一番です。

 

 

おわりに

Facebook(フェイスブック)から始まる不倫は、誰にでも訪れやすい展開です。
しかし不倫の実感が湧かないからと甘く考えて不倫に手を出すと危険です。
Facebookはたくさんの人が見ているという事をよく考えておきましょう。

 

関連記事